くれはとり ことの葉​ とは

令和元年、古都・京都にて、私たちは“くれはとり ことの葉”​を結成しました。
“くれはとり”​とは、『日本書紀』に伝説の残る、機織を伝えた女性たちのことです。
 1500年後の今、「装い」の作り手である私たちが、現代の“くれはとり”となり、多くの慶び事に「装い」を通して携わり、人生の物語を紡いでいきたい・・・との想いで、これから活動して参ります。

京友禅、西陣織、京扇子、オートクチュール刺繍ドレス、イタリア彫金アクセサリー。
皆様の晴れの日を彩る品々を、一からオートクチュールでご提案致します。

​また、日本の伝統文化・知識を次世代に伝えていけるよう、各種文化活動をしております。

 

​制作依頼、企業OEM、事業提携、講演の依頼等ございましたら、お気軽に お問い合わせ ください。

野原 佳代

KAYO NOHARA

株式会社 月虹舎

代表取締役

京きもの蓮佳 デザイナー

​―

www.renca.gekkosha.kyoto/

​野中 彩加

​AYAKA NONAKA

紫紘 株式会社 

取締役

​―

www.facebook.com/shiko.kyoto/

大西 里枝

RIE OHNISHI

株式会社 大西常商店

​―

www.ohnishitune.com/

​松田 沙希

​SAKI MATSUDA

株式会社 APPRE-ART

代表取締役

​―

www.senbonlab.com/

​中村 ゆき子

YUKIKO NAKAMURA

リネアドット

代表

​―

lineadot.official.ec/

Special Thanks

“くれはとり ことの葉”の始動、運営にあたり、下記の皆様にご協力・​ご指導を頂きました。この場を借りて謝辞を述べさせて頂きます。

​冷泉 道子 様

Mrs.​ MICHIKO REIZEI

歌人。

​やまと言葉について、
春夏秋冬恋のテーマで
ご講義頂く。

山科別邸 源鳳院 様

GENHOIN

旧公家・山科家別邸。

​宿泊施設の他、有職文化を発信する文化サロンを開催。

​―

genhouin.co.jp/

​山科 言親 様

Mr. TOKICHIKA YAMASHINA

衣紋道山科流 30 代

家元後嗣。

代々宮中の衣装である

“装束”の調進・着装を

伝承している。

​未来力会議

“くれはとり ことの葉”

は,京都市が主催する

「京都市地域企業

未来力会議」

から生まれた

(異業種間等連携による)

事業である。 

​―

community-based-companies.kyoto/ouenkai

MIRAIRYOKUKAIGI

一般社団法人 リリース様

RELEASE;

望む未来を実現する経済へとシフトするための産官学民

ビジネス共創プロジェクト。

​―

social-innovation.kyoto.jp/spread/258

© くれはとり ことの葉 All Rights Reserved.